Monthly Archives: 5月 2014

漁師の年収は

今回は漁師の年収を調べてみました。

ただし漁師とひとくくりにしましたが、漁師にもいろいろ種類があります。例えば海と川でも違いますし、遠洋漁業と近郊の漁業ではまた違います。狙う獲物でも変わりますし地域でも全く異なります。さらに自分で船を出せるレベルの人と、その下で働いている人でも年収は雲泥の差があります。ということで平均年収はかなり概算で出してみました。

漁師の平均年収は700万~1000万円に落ち着くのではないかという予想です。

漁師の方もピンキリで稼げてない方では年収200万当たりの方もいらっしゃいますし、大間のマグロ釣りなどで効果なマグロをガンガン上げれる方だと億と言う方もいらっしゃるかと思います。

とこれでは全く調べた意味がないので、今回は漁師をやるなら自治体や漁業組合などの補助金が出たりするところがあるのでそういう制度を利用すると漁師として最初の出費が抑えられるので成功しやすいですよということ。やはり今回のように漁師といっても広すぎる職業に関しては難しかったですね。。

 

Leave a Comment

Filed under 未分類

パチプロの年収は?

今日はちょっとおもしろい職業(?)であるパチプロの方々の年収をちょっと調べてみました。

現在は規制がいろいろ変わって昔ほど勝てなくなったといわれており、パチプロの方もかなり減っていると聞きますがいったいどういう状況なのでしょうか?実際にパチプロやっている方の人口はどれくらいになっているんでしょうね?この辺は詳しいデータがないので全くわかりませんが、昔に比べると半分以上の方は引退されているということはおそらく間違いないことだと思います。

パチプロの年収についてですが、実際に統計がないので平均年収などは出せませんでしたが、いくつかの例をピックアップしてますのでそちらを紹介するという形になります。

ケース1:年収約750万
月平均約60万円

もちろんギャンブルなのでプラス幅に変動はありますが、勝てるときは100万以上、少ない時は20万など幅があります。データを重視して期待値の高い台に行かに座れるかということ。毎日朝から晩までしっかりデータを取って稼働率も高い。

ケース2:年収360万

月に大体30万プラスになる計算ですね。店の傾向をチェックして稼働している。昔は倍以上稼げていたが規制がひどくなってからはなかなか厳しい。

ケース3:年収200万

専業でパチプロは厳しい時代になった。勝てない月も出てき始めていて収支は悪くなる一方だがしっかりとデータを取ってなんとか勝ちにつなげている。実機だけでなくパチスロアプリなども用いて台の傾向をチェックすることもある。

パチスロの方も勝っている方は勝っているが、かなり厳しくなったというのが現状でしょうね。実際に専業でパチプロをやられている方の平均は今では300万~400万くらいではないかという推測です。この辺りは予測でしかないので何とも言えませんが、昔と比べるとかなり厳しいというのは共通のようですね。

 

Leave a Comment

Filed under 未分類

将棋の棋士の年収は

将棋のプロである棋士の方たちの年収はいくらくらいなのでしょうか?平均年収と一番もらっている方の年収を調べてみました。

棋士の方の給料は歩合制で対局料などが主になってくるそうです。つまり対局すればするほど対局料がもらえるということですね。しかしながら対局をたくさんしたいからということでできることもなく、やはりある程度強くないと対局すらなかなかできないということにもなりそうです。また一回当たりの対局料もクラスによって全然違うので、やはり勝負の世界は強くならなければならないということですね。

今回は純粋に将棋だけでの年収です。有名になれば本の印税や講演料などが他からもらえると思うので、さらに多くなるはずです。

まずは棋士の中でも一番稼いでいるのは羽生善治さんで約1億弱といった感じですね。

平均年収は約800万円ということでした。

やはり上の方々がかなりもらっているという感じでしょうね。

やはり強くなってなんぼの世界なので、勝ち数が多くならなければ一般サラリーマンよりも低い人もざらにいるようです。

 

Leave a Comment

Filed under 未分類