プロ野球選手の平均年俸

では今回はプロ野球選手の年収についてです。

野球選手は年収というか年俸といわれますよね。ではこの二つの違いは何なのでしょうか?

年俸はその年の給料のみを数字にしたもので、野球選手などはスポンサーがついたり、CMで収入がある選手がいますので年収は給料+給料以外の収入ということになります。つまり野球選手でCMやスポンサーが全くいなくて給料のみの方は年俸=年収となります。これは野球選手以外にも普通のサラリーマンでも当てはまります。

ここではプロ野球選手の平均の年俸をみていきましょう。

平均年俸は約3800万円でした。

その年によって変動はありますが、最近ではこのくらいに落ち着いているようです。プロ野球選手の平均年俸も高額かと思いますが1億円以上もらっている選手も多くいますので、平均をとるとこれくらいになるということです。最低給料としては1軍選手(ある期間1軍にいることが必要)であれば1500万円になるということです。

さらに人気がある選手はCMやスポンサー契約、またはテレビやイベントの出演などの収入があるのでかなりの年収があることは確かですね。ただ短い選手寿命を考えると引退後に普通に生活できるような人たちは本当に一部で、そのほかの選手たちはしっかりと貯金をしたり引退後を考えないといけないというのが実際のところだそうです。

ちなみに監督クラスになると平均8000万円から1億円という年俸をもらっているそうです。

 

 

Leave a Comment

Filed under 未分類

コメントを残す