サッカー選手(J1)の平均年俸は

前々回は野球選手の平均年俸を調べて書きましたので、今回は最近海外への移籍が多いサッカー選手について調べてみました。世界的にみると日本のサッカーの歴史は短くJリーグが発足してまだ日は浅いですが、ここ数年の日本サッカーのレベルは飛躍的に伸びていて、海外で活躍する選手も多くなっていますよね。

今では本田選手や香川選手をはじめ内田選手や長選手などなど海外に移籍するだけではなく、主力プレイヤーとして活躍している選手も多いですよね。

さて前書きが長くなってしまいましたが、サッカー選手の平均年俸はいくらなのでしょうか。今回はJ1に限らせていただきます。

2013年のJ1で活躍する選手の平均年俸は

約1929万円

プロ野球の平均年俸が約3800万円だったので比べると約半分ということになりますね。

一番もらっている選手でも約1億5000万円程度で、1億円を超えているプレイヤーは10人ちょっとでした。若い選手では約300万円という選手もいます。

これがJ2とかになるとさらに半分から1/3程度にまで下がるといわれています。

しかし海外移籍をした本田選手は約7億7千万円。香川選手も5億越えといわれているので、やはり技術向上のため以外にも海外に行くメリットは十分すぎるほどありますね。

どんどん日本のサッカーのレベルが上がっていってほしいと思います。

 

 

 

 

 

Leave a Comment

Filed under 未分類

Comments are closed.