公務員の給料

前回の政治家のつぎは公務員の給料を調べてみました。

ちょうどよくニュースで消費税は上がるというニュースに隠れて公務員の給料も上がるという記事を見かけたので。公務員の給料が上がる件に関してはネットではかなりたたかれていましたね。自分たちだけが甘い汁を吸っていて、実際に景気回復の実感がない人たちは負担増しかない。年金も下げるし、医療費も上げるし、消費税も上げる。国民には苦しい思いをさせておいて、公務員削減もせずに給料を8%あげるとはどういうことだなど。確かに公務員定数の削減はいろいろな政治家の人たちが言ってたので、そういうことは行ってから増税だの給料アップだのしてもらいたいものです。その辺の話はここらへんにしておいて、このニュースでの年収モデルは35歳の国家公務員で年収約462万円というものでした。しかし平均年収で見るともっと高かったです。

 

国家公務員の平均年収:約662万円

地方公務員の平均年収:約729万円

すごく高いですよね。平均なので上の人たちがかなりの額をもらっていることは大いに想像がつきます。地方公務員の方が多いのは警察官などが給料が高いためです。そして今年からこの給料から約8%も増額されるというのだから数字的にもかなり上がりますね。上記の金額にUPぶんの8%たしてみると

国家公務員の平均年収:約714万円

地方公務員の平均年収:約787万円

となります。

一般市民の方々が起こるのもわかる気がしますね。

 

 

 

Leave a Comment

Filed under 未分類

コメントを残す